パワーストーンのちから

パワーストーンを浄化する方法く

パワーストーンは、浄化することで本来のパワーを発揮します。浄化とはパワーストーンが溜めこんだ念やマイナスのエネルギーを取り払うことです。また、方法によっては同時にパワーストーンにエネルギーをチャージすることもできます。
浄化には、水や塩や太陽光や月光、水晶やアロマやクリスタルチューナーを利用する方法などがあります。水を利用する方法は天然水が好ましいのですが、水道水でも可能です。一晩きれいな水につけたり、流水に晒したりします。塩の場合は、天然塩の上にパワーストーンを置きます。太陽光なら午前中から正午までの太陽光を、月光なら満月か満ちていく月の光を浴びせます。太陽光と月光にはチャージ効果もあるので、パワーを高めたい時に有効です。 性質上水や塩や太陽光が適さない石もあるのでその場合は月光浴か、水晶に触れるように置いておいたり、アロマを焚いて煙で浄化したり、クリスタルチューナーできれいな音を聞かせる方法がおすすめです。


パワーストーンの浄化方法について

パワーストーンの浄化とは、その石の持つエネルギーをクリーンにし本来の何もない状態をいいます。
石は、人の手に触れることにより、そのそれぞれの念を吸収している場合もあり、毎日身につけることによってその人のマイナスエネルギーを吸収していまいます。そのため、浄化をすることにより、純粋な石のエネルギーを蓄え、パワーストーン本来の働きがよくなり、邪気を吸収し幸せをサポートしてくれます。
浄化方法は、石により違いますが、一番簡単な方法としては、水道水でも構いませんが純粋な真水をボールなどに入れ、そこにパワーストーンを一昼夜さらしておき、そのあとは柔らかい布などで綺麗に水分を拭き取ります。これだけでも十分ですが、さらに気を入れたい場合などには、太陽光に当ててください。太陽光は、日の出から午前中の光が最も活発なエネルギーを与えてくれます。 塩による方法も簡単にできます。塩をお皿などに盛り、そこに一昼夜パワーストーンを起き、その後に流水で洗い流して拭くだけです。その後に、太陽光に当てれば、エネルギーもチャージされます。

recommend

成人式の前撮りを京都で撮影

最終更新日:2017/9/22